月別アーカイブ: 2017年11月

漢方の力2

処方された漢方薬を飲み終わったところ、治療の結果のまとめてみる。

治療の目的は、気管深部の痰絡みを改善したいことだった。いまは、痰はまだあるものの、絡む場所は喉のすぐそこなので、ちょっと咳をすれば出せるようになっている。あの死にそうな咳をしなくても良いようになっている。これで治療の結果としては満足している。あと、時間あったら、日本の漢方医に通ってみて、痰をなくすように努める。

今回の治療は、痰絡みの改善効果以外に、意外なところに効果がでている。改めて漢方の力に感心した。

足裏の改善

これも十数年前から、足裏の皮膚が荒れて、痒さもなく、痛みもなく、ただただ乾燥した感じで、がちがちになり、動物の脱皮のように簡単に剥がせる。日ごろは、靴下を脱ぐと、粉々になった皮膚の粉末が雪のように出てくる。普段の生活に何の支障もないものの、見た目的には不衛生で、人には見せられない。それを治そうと思って、皮膚科に診察してもらったが、先生がその場で皮膚の破片を顕微鏡で観察した結果、菌が見つからないので、治療しようがないとの結論になった。ひどくなったら、またいらしてくださいとのことになった。見た目的なことだけなので、それきりに、二度と皮膚科に行っていない。今回の痰絡みの治療で、見る見るうちに、足の裏の様子がどんどん変わっている。

20170907_left 20170907_right

↑ 2017/09/07 この日から、変化に気付き、写真を撮り始めた。これよりもっとひどかった。黒い点は、皮膚を剥がす際の出血の跡。

20170919_left 20170919_right

↑ 2017/09/19

 

20171008_left 20171008_right

↑ 2017/10/08

 

20171029_left 20171029_right

↑ 2017/10/29

なぜよくなったか、まったくわからないが、持っている知識だと、体の皮膚も一応器官なので、先生が漢方で内臓を調整しているうちに、関連性のある皮膚までも改善できたではないかと、勝手に自分で解釈している。

また、心拍数も以前より落ち着いた気がする。以前は安静していても、測った心拍数は80以上。今は、平均で70半ばになり、時には60台も出ている。気のせいかもしれないが、気持ち的にはよくなっている。